AR演出で得られるメリット・効果とは?面白い事例を5つ紹介

written byNuxR編集部

AR演出の有効活用によって、今までになかった画期的な視聴体験をユーザーに与えられます。エンターテインメントの分野だけでなく、今後は教育やビジネスなど、様々な業界でAR演出が活用されていくでしょう。ここでは、AR演出の概要について解説するとともに、面白い事例を紹介します。

AR演出とは?

ARとは、一般的に「拡張現実」と訳されており、現実世界にバーチャルな情報を合成する表現技術のことです。このAR技術を用いて演出する方法が、いま様々な業界へ浸透しつつあります。

新しい映像表現方法

AR演出とは、現実世界に実在しない画像や映像を、スマホなどの画面上に合成する演出方法です。

現実の風景や物にスマホのカメラをかざすことで、動画や音声などの情報が入手でき、様々な角度からコンテンツを楽しめます。人や物の動きに連動して映像も変化するため、まるで本当にそこに実在するかのようなリアルな映像表現が可能になる点が特徴です。

マウスやキーボードなども必要なく、操作が簡単で直感的であることから、AR演出は様々なシーンで活用されています。

様々なカテゴリに活用できる

AR演出は製品・サービスの発表イベントや宣伝活動だけでなく、教育やビジネスなど多様なシーンに活用できます。360度どの角度からも視聴できる3DCGや動画、音声にいたるまで、演出方法のバリエーションは非常に多彩です。

アイディア次第で様々なカテゴリに利用できるため、今後はさらに多くの業界で活用されていくでしょう。

AR演出で得られる効果・メリット

AR演出で得られる効果・メリット

AR技術を使えば、時間や場所に縛られない自由な演出ができ、ユーザーに新鮮な体験を提供できます。例えば、コンサート会場に人を集めなくても、オンライン上で迫力あるライブを開催できるため、新型コロナウイルスなどの感染対策にも有効です。

ここでは、AR演出を行うことで得られる効果やメリットを紹介します。

エンターテインメント性が高まる

AR技術を利用すれば迫力ある演出ができるため、出演者と参加者の両方ともに躍動感あふれるライブ体験が可能となります。リアルな世界とデジタルの相互作用によって、新たなエンターテインメントの世界を作り出すことが可能です。今までとは違った音楽ライブやイベントを提供すれば、ユーザーを夢中にさせられるでしょう。

単純なオンラインライブとは一線を画す迫力ある演出や、ARならではの演出を施すことによって、よりエンターテインメント性を高められるでしょう。

場所に縛られない自由な演出ができる

グリーンバックやクロマキー装置を使用するバーチャルスタジオとは異なり、AR演出は場所に縛られない多彩な演出が実施できます。映像が人物の手前に表示されるという多少の制限はあるものの、あらゆる場所で手軽かつ自由に演出を行える点がメリットです。コストを抑えつつ、魅力的な演出ができるのは、ARの強みといえるでしょう。

時間や空間の隔たりを越えた一体感が出る

映像配信にAR技術を組み合わせることで、まるでライブ会場にいるようなリアルな体験を共有できます。アーティストがいる会場とオーディエンスのいる空間が、時間や場所の隔たりを越えて、まるで繋がっているかのような一体感が創り出せるのです。

会場に行かなくてもリアルなライブを開催できるため、会場設置などのコストを大幅に節約できるでしょう。

ハプニング体験を提供できる

新鮮な驚きをリアルタイムに与えられる点もAR演出の魅力です。現実の世界に恐竜や動物などを出現させたり、静止画を動かしてみたり、今までの映像表現になかった驚きや不思議な体験をユーザーに提供できます。

面白いハプニングを提供できれば、ユーザーの記憶にも強く残るため、商品やサービスの認知度アップにつながることでしょう。

written by

NuxR編集部

VR・AR・MRをはじめとした、XRにまつわるニュースをメインに発信しています!

関連タグ