VR技術が抱える問題点とは?今後の課題と解決策を紹介

#vr

written byNuxR編集部

VRは多くの業界で導入が進んでいる最新技術ですが、まだまだ発展途上の市場であるため、現状多くの課題を抱えています。ビジネスに導入するには、複数の課題をクリアしなければなりません。

ここではVR技術が抱える課題を解説するとともに、問題点を解決する方法を紹介します。

VR技術が抱えるコストの問題点

VRをビジネスに導入するときは、少なからずコストがかかります。最近では個人でも購入できる安価なゴーグルも登場していますが、本格的なVRコンテンツを作成、体験する場合には高額な機材の購入が必要です。資金の乏しい企業にとって、導入コストは大きな問題点となるでしょう。

ゴーグルの購入費用だけでなく、コンテンツの制作費用も高額になるため注意が必要です。

導入コストがかかる

VRゴーグルの価格はスペックによって異なりますが、安価なものでも1台数万円かかります。本格的なVR体験をするには、付属品も購入しなければなりません。教育現場にVRゴーグルを大量に導入しようとすると、多大なコストがかかります。

頭部に装着するゴーグルだけでなく、観察するためのカメラやタブレットも必要です。初期費用が高額になりがちな点は、VRの大きな課題だといえるでしょう。

VR機器以上の制作費用がかかる

医療や製造現場において研修のためのシチュエーションをVR空間内に再現するには、VR機器を購入する以上に多大な制作コストがかかります。オリジナルの3Dモデリングや360度動画の撮影に多くのコストがかかるため、資金力の乏しい中小企業には大きなハードルとなるでしょう。

どのようなコンテンツを制作するかによって金額は変わりますが、自社オリジナルコンテンツを制作する場合は最低でも100万円程度かかります。

関連記事:VR動画の制作費用、相場価格はいくら?気になる導入効果もあわせて紹介

VR技術が抱える健康上の問題点

VR技術が抱える最大の課題は、めまいや酔いなど身体に与える影響です。まだ技術が導入され始めて間もないこともあり、健康に関する明確な基準はありません。

今後VR市場が大きく拡大・発展するとともに、健康上の問題点は徐々に改善されていくでしょう。しかし、健康に関する基準が設定されていない現段階では、導入時に注意が必要です。

VR酔いをする

VR酔いをする

車に乗ると乗り物酔いをするように、VRを体験するとめまいや吐き気など、気分が悪くなることがあります。VR酔いをする主な原因は、ゴーグル越しに見るバーチャルな世界と身体の動きのズレによるものです。首を動かしたときに画面の切り替え速度が遅れてしまうと、酔いやすくなります。

激しく動く映像を見たり、自分の頭を動かしたりすると、VR体験中に気分を悪くする可能性が高いため要注意です。

安全基準がない

VRは発展途中の市場であるため、安全基準が曖昧です。ガイドラインは存在しないため、独自の対策を施すしか方法はありません。

VRは非現実の世界に没入できるのが魅力ですが、脳が現実と勘違いしてしまい、めまいや吐き気を起こすこともあります。人によって健康に与える影響は異なりますが、もともとバーチャルな世界に耐性がない人は、VR酔いを起こしやすいため注意が必要です。

written by

NuxR編集部

VR・AR・MRをはじめとした、XRにまつわるニュースをメインに発信しています!

関連タグ