宣伝効果抜群の動画プロモーションにはVR・ARが役立つ?!

written byNuxR編集部

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSを含め、さまざまなWebプラットフォームで、動画コンテンツが提供されています。商品やサービスの広告・宣伝に役立つ動画プロモーションですが、ARやVRといった技術を使うことで、視聴者にインパクトを与えるコンテンツの制作が可能です。

本稿では、動画プロモーションとは何か、動画プロモーションのメリット、なぜARやVRが動画プロモーションに役立つかなどについて紹介します。

動画プロモーションとは

動画プロモーションとは、映像を使ったコンテンツの活用によって、商品やサービスの広告や宣伝活動を行うことをさします。テキストの広告や画像を使ったバナー広告に比べ、動画プロモーションにはビジュアルや音楽、動きやテキストなど、さまざまな要素を動画に盛り込むことが可能です。

YouTubeやTikTokといった動画プラットフォームだけでなく、FacebookやInstagram、TwitterといったSNSでも動画プロモーションを行うことが可能です。SNSは利用者数が多くバズりやすいことなどから、動画プロモーションをうまく活用することによって、高い宣伝効果をもたらす可能性があるでしょう。

動画プロモーションの目的

動画プロモーションの目的はおもに3点挙げられます。

1点目は、商品やサービス、企業名などを認知してもらうことです。Webサイトを使うユーザーの中には、文章を読むのが苦手という人もいるでしょう。

テキストでは伝えにくい場合でも、視覚から訴える動画であれば情報が視聴者に伝わりやすいため、幅広い層に商品やサービスのメリットを伝えることが可能です。また、親しみやすい動画プロモーションが作成できれば、ブランドや商品により親しみを持ってもらえるでしょう。

2点目は、動画プロモーションを運営する企業と視聴者とをつなぐことです。例えば、商品やサービスの宣伝の場合、インフルエンサーが商品やサービスを紹介したり、ナレーションを挿入したりするなど、繰り返し動画プロモーションを発信することで、視聴者である潜在顧客と企業とのあいだに信頼関係が生まれる可能性があります。

また、就職や転職活動中の人に向けて職場の雰囲気を動画プロモーションで伝えることによって、企業と相性のよい求職者とのマッチングが可能です。

3点目は、顧客の疑問や悩みを解決することです。Googleなど検索エンジンに入力される検索キーワードは、ユーザーが知りたかったり解決したかったりする課題だといえます。

動画の場合も同様に、ユーザーに視聴してもらえるよう「動画の検索エンジン最適化(VSEO:Video Search Engine Optimization)」対策が可能です。Google検索キーワードを参考に、自社の商品やサービスで顧客の持つ悩みが解決することを動画プロモーションで伝えられます。

動画プロモーションの種類

動画プロモーションの種類

動画プロモーションは大きく分けて4つに分類されます。

1.営業資料を添付

パワーポイントなどの資料を用いて、企業やサービスの説明を行います。動画とともに資料の確認ができるため、音声と文字の両方から情報が得られ、より理解を深められるでしょう。特に新型コロナウイルスの影響によって対面での営業が難しくなり、オンライン化される中、商品やサービス情報などを動画プロモーションで顧客に訴求することが可能です。

2.社員インタビュー

社長や新入社員のインタビューを動画に挿入します。外部には伝わりにくい社員の声をインタビュー化することで、会社の雰囲気や現場感、熱意が伝わり、視聴者は親近感を覚えるでしょう。また、採用活動にも有効なだけではなく、動画プロモーションで表現した企業イメージが視聴者に伝えられます。

3.顧客インタビュー

商品やサービスを実際に使用した顧客の声をインタビュー化した動画も有効です。顧客目線で商品やサービスのメリットが伝わるため、説得力のある動画になるでしょう。顧客インタビューを見ることで安心感が得られ、商品やサービスの購入を迷っているユーザーの背中を後押しする効果が期待できます。

4.商品・サービスの紹介

商品やサービス、設備などを動画に載せて紹介することで、外観からでは見えにくい設備など、生の現場やサービスをリアルタイムで伝えられます。特に学校や病院など、中の様子が一般公開されていない場合には、動画プロモーションが有効でしょう。口頭説明では伝わりにくい場合でも、動画にすることで視聴者も理解しやすくなります。

written by

NuxR編集部

VR・AR・MRをはじめとした、XRにまつわるニュースをメインに発信しています!