ARの活用事例9選!製造業・不動産業・観光業など業界別に解説

written byNuxR編集部

現実世界にデジタル情報を追加表示できるARは、各業界で注目されている技術です。すでに多くの業界で導入が進んでおり、業務効率化などの成果を上げています。今後はさらに導入が加速し、ARを利用して業務を行うことがスタンダードになるでしょう。

この記事では、ARをビジネスに導入するメリットを解説するとともに、業界別にARの活用事例を紹介します。

ARをビジネスに活用するメリット

ARを導入すると生産性の向上や人材教育に役立つなどのメリットがあることから、ビジネスでの活用が進んでいます。多くの企業が抱える人材不足などの課題も解決できます。

あらゆるシーンに活用できる技術なので、今後はさらに広い業界で導入が進んでいくでしょう。ここでは、ビジネスに利用する4つのメリットを紹介します。

作業の効率化が実現する

ARでは現実世界に映像や音声を重ね合わせて表示できるため、製造現場などではハンズフリーで作業できるようになります。結果として現場の作業効率が上がり、生産性の向上や売上アップなども期待できます。

ARで情報を共有することは、現場のミス防止にも効果的です。作業の正確性が増すため、企業のイメージアップにもつながります。

人材不足を解消できる

日本では多くの業界で人材不足が深刻化しています。この課題を解決するために期待されているのがAR技術です。

AR技術を活用すれば、現場作業や研修の遠隔サポートができるため、人材不足に対応できるだけでなく、新人育成の効率化にも役立ちます。熟練の技術者が少ない現場でも新人の技術者が無理なくスキルを習得できるので、業務をスムーズに進められるでしょう。

低コストで導入・運用できる

AR技術を導入するにあたり、現場に機材を配置したり建物を新たに建築したりする必要はありません。省スペースで手軽に導入できるのもARの魅力の1つです。

スマホがあれば簡単にARを体感できるため、導入後も低コストで効率よく運用できます。ARは資金力のある大企業だけでなく、中小企業にとっても活用しやすい技術です。

話題性を提供できる

AR技術を利用すれば、テキストから動画まで、多種多様な表現が可能になります。視覚的にわかりやすく伝えられるARはSNSとも相性が良いため、サービスやブランドの認知度アップなどの効果を得られます。

ARを活用して今までになかった特別な体験や有益なコンテンツを提供できれば、集客・売上アップを期待できるでしょう。

written by

NuxR編集部

VR・AR・MRをはじめとした、XRにまつわるニュースをメインに発信しています!

関連タグ