MRとは?MR技術の特徴とビジネスの活用事例を紹介

written byNuxR編集部

MR技術を用いたビジネスの活用事例5つ

MR動画を用いたビジネスの活用事例5つ

MRの概要を把握できても、具体的にどのような場面で利用できるのか、イメージしづらい部分があるのではないでしょうか。

ここからは、MR技術がビジネスの場面でどのように活用されているかを分野別の事例とともに紹介します。

事例1.教育現場

MRの活躍が最も期待されているのが、教育現場です。MRであればまるで現場に立っているような疑似体験ができるため、教育プロセスとスキル向上を大幅に効率化できます。また内部構造まで詳細に可視化できるので、ビジネスの訓練や研修の効果を高められるでしょう。

宇宙飛行士やパイロットのような実際の現場における訓練が非常に難しい場合でも、MRを導入すれば実際の現場に近い体験ができます。MRと教育は、非常に相性のよい組み合わせといえるでしょう。

事例2.建築現場

建築現場は常に危険と隣り合わせです。MR技術を使うことで、経験の浅い作業者もベテランの手順を確認しながら作業を進められるでしょう。そのため、作業の質とスピードを上げることができます。MRによって安全性を確保すれば、生産性の向上も期待できます。

また、作業員1人1人がMR専用機器を装着してオペレーターと繋がれば、常に詳細情報を手にしながら作業に当たることもできます。

複数人で作業を行う建設現場では、お互いの情報共有が欠かせません。MRの活用で仮想現実を共有することで、認識を統一できるだけでなく円滑に作業を進められます。

一方、建物の完成イメージを実物大で表示することで、より分かりやすいプレゼンテーションを行うことが可能です。

事例3.医療現場

MR技術は、手術のトレーニングや手術前の患部の確認などに活用できます。経験の浅さが心配される医師も、MR専用機器を通じて熟練医師のアドバイスを受けながら手術を進められるため、手術のクオリティと成功率は上がるでしょう。

手術の内容を患者に説明するときも、MR技術を用いて分かりやすく説明できます。ひいては患者の精神的負担軽減につながるでしょう。

遠隔医療をサポートするうえでもMRは便利です。患者と医者をオンラインで繋ぐことで、遠隔医療をスムーズにサポートできます。

事例4.製造現場

製造業の保守・点検の場面でも、MRが役立ちます。オペレーターが現地で点検作業をする際に、MR上のマニュアルを確認しながら作業したり、作業内容が不明なときにオペレーターを呼び出したりすることが可能です。遠隔地からでもリアルタイムでのサポートが受けられるため、個々の判断ミスやケアレスミスによる手戻り作業の発生を防止できるでしょう。

MRでマニュアルや熟練者の作業映像を見ながらトレーニングすることも可能です。MRであれば、1人でのトレーニングも実現。社員育成の手間やコストを軽減できるでしょう。

MRを活用することで、実際の製造現場に製品サンプルを投影しそれをもとに作業工程を決定したり、細部の作業の確認を行ったりすることもできます。

事例5.ミーティング

MR技術を用いて、Web会議を行うこともできます。まるで相手がその場にいるかのような擬似体験をしながら会議を進められるため、より効率的にコミュニケーションが取れるでしょう。

MRを使って製品デモを実施できます。目の前で大規模製品が動作しているかのようなシミュレーションも実現。社内のミーティングだけでなく、商談の場でも大いに活躍するでしょう。

製品を好きな角度から細部にわたるまで確認できるので、より具体的な検討が行えるようになります。

MR技術を活用してビジネスを発展させよう

MR動画を活用してビジネスを発展させよう

先端IT分野の中でも、今後の成長が見込まれるのがMR技術です。MRであれば現実世界と仮想世界を同時に体験できるため、さまざまなビジネスシーンに応用できます。

今回の活用事例を参考に、MR技術をビジネスに役立てましょう。

written by

NuxR編集部

VR・AR・MRをはじめとした、XRにまつわるニュースをメインに発信しています!

関連タグ