飲食店がARを活用する7つの効果とは?代表的な活用事例も紹介

written byNuxR編集部

近年、ARを導入している飲食店が増えています。ARによって、今までになかったワンランク上のサービスが提供可能です。

本記事では、飲食店がARを活用する効果や実際の活用事例を紹介します。ARを活用して集客率を高めましょう。

ARとは?

AR(Augmented Reality)とは、拡張現実を意味します。スマホやタブレット、ARグラスなどのデバイスを介すことで、現実世界に3Dデータやナビ、動画などを表示させられる技術のことです。

ARを活用すれば、現実世界に足りない情報や補足したい情報を付加できるため、現実世界の拡張が可能になります。ARを活用した代表的なアプリは「ポケモンGO」「GoogleマップのAR案内機能」などです。

関連記事:ARの種類は大きく分けて3つ!概要や業種ごとの活用方法を解説

飲食店がARを活用する7つの効果

飲食店がARを活用する7つの効果

飲食店がARを活用することで得られる効果は次の7つです。

  • 新規顧客の獲得
  • 顧客満足度の向上
  • 購買意欲の促進
  • 来店の促進
  • 顧客情報の収集
  • 店舗内での販促効果
  • 従業員のスキル向上

外国人の増加によるグローバル化や人手不足にともなう現場の負担で、飲食店を取り巻く環境は変化しています。

ARの導入によってこれらの負担を軽減して、効率よく店舗運営を行うことが可能です。ここでは、飲食店がARを活用する効果について、その内容を詳しく紹介します。

1.新規顧客の獲得

飲食店がARを有効活用できれば、未獲得層のユーザーへ訴求できるため新規顧客の獲得につながります。例えば、日本語がわからない外国人が日本語のメニューを見てもどのような料理なのか理解ができません。

しかし、ARを活用すれば言語の壁を取り除くことができ、外国人でも容易にメニュー選びができます。このようにARをうまく活用できれば、新しい顧客層の開拓も期待できるでしょう。

2.顧客満足度の向上

ARの活用は顧客満足度の向上にもつながります。代表的な事例として挙げられるものが「待ち時間エンターテインメント」です。

待ち時間エンターテインメントでは、テーブルやPOPにARを導入することでオリジナルアニメーションやミニゲーム、PR動画などのコンテンツが楽しめます。豊富なARコンテンツを配信すれば、待ち時間の暇つぶしにもなり、顧客満足度の向上につながるでしょう。

3.購買意欲の促進

購買意欲を促進できる点もARの強みといえるでしょう。購買意欲を促進させるARの代表的な活用事例が、ARマーカーによるメニューの3D化です。

近年、飲食業界で増えつつある活用事例で、顧客がスマホをARマーカーメニューにかざすことで、実際の料理が3D表示されます。実物サイズで料理を確認できるため、購買意欲の促進につながるでしょう。

また、どのような料理なのかを把握しやすく「イメージと実物のミスマッチを防げる」「注文時間を短縮できる」といった効果も期待できます。

written by

NuxR編集部

VR・AR・MRをはじめとした、XRやメタバースにまつわるニュースをメインに発信! NuxRは、VR・ARコンテンツ開発、アート事業、Web制作などを手掛ける株式会社Muralが運営しています。

関連タグ